内服薬の服用による薄毛治療

薄毛治療にはさまざまな方法があり、実際には部位や程度などによっても、異なる方法でアプローチすることが必要となってきます。そうした薄毛治療の方法のなかでも、比較的患者としての肉体的な負担感が少ないものに、内服薬を用いたものがあります。現在、この種の内服薬としては、男性ホルモンに起因する薄毛の症状を改善するために、男性ホルモンに対して体内ではたらく酵素の一種を阻害してしまうものや、あるいは頭皮の毛細血管を拡張させることによって、栄養などを運んでいる血液の流れをスムーズにして、発毛をうながすはたらきを果たすものなどがあります。薄毛治療のための医薬品といえば、一般には頭皮に対して直接ふりかけるような育毛剤を連想しますが、こうした外用薬タイプの医薬品というのは、副作用も少ない反面、効果がいまいちはっきりと実感できないこともあるものです。

しかし、内服薬タイプの医薬品であれば、血液を通じて有効成分が体内の必要な場所にいきわたりますので、外用薬タイプよりもはるかに効果的に作用することが期待されます。ただし、薄毛治療の効果は副作用と裏腹の関係にもありますので、場合によっては、服用によって頭痛やめまいがしたり、体がだるくなったり、体毛などの頭髪とは関係のない部分の発毛がさかんになったりといった副作用も考えられなくはありません。このため、内服薬タイプの医薬品を使って薄毛治療を行う場合には、発毛外来を開設しているクリニックなどで、医師による診察を受けてから、しっかりとした指導のもとに取り組む必要があるといえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です