プロペシアはAGA治療薬として認可を受けています

近年ではテレビのコマーシャルなどを中心に、AGA治療が病院で受けられることが話題になっています。医療機関を受診することで処方される、主なAGA治療薬としてはプロペシアを挙げることができます。プロペシアというものは医薬品の名前で、主成分としてはフィナステリドと言う成分が含有されています。フィナステリドを配合しているAGA治療薬としては、プロペシアの他にもフィンペシアやプロスカー、エフペシアなどがあります。

しかし、日本において承認されているものはプロペシアとなりますので、医療機関を受診したときに処方してもらえるものはプロペシアです。プロペシアは元来においては、男性ホルモンの作用を抑制させる医薬品として開発されたもので、前立腺がんや前立腺肥大症の治療薬として作られてものです。その副作用として発毛効果があらわれたために、その後にアメリカ食品医薬品局によってAGA治療薬として認可を受けることになります。現在では世界の60か国以上で承認を受けている医薬品となっており、日本でも2005年に厚生労働省の認可を受けています。

AGAにおいて最も大きな原因となっているものが男性ホルモンで、男性ホルモンの一種であるステトステロンが還元酵素である5αリダクターゼと結合することで、抜毛の原因となる男性ホルモンが生成されます。この男性ホルモンのことをDHTと呼んでおり、ホルモンバランスが乱れることで薄毛の原因となります。プロペシアにはDHTが増えるきっかけになる、5αリダクターゼの働きを阻害する作用があるために、AGA治療薬として高い効果が得られると考えられています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です