植毛技術の進歩と発毛技術の進歩

最新の発毛技術は薬などを服用するものではなく、人工的に毛包という髪の毛を作る工場の役割をしている細胞を移植して、それによって毛髪を再生させるというもので、そのためには毛包と作るための肝細胞を採取することが必要となります。この細胞は大人の頭皮にある毛包を培養することで増やすことができるので、自分の毛包を使って髪の毛を発毛させることができるようになります。現在では人に対する応用の段階ではありませんが、近い将来に幹細胞により発毛が行われる可能性が高まっています。植毛の場合も毛包という髪の毛を作る工場が必要で、後頭部などから毛包を移植することで、薄くなっている部分の髪の毛を増やしていきます。

後頭部の髪の毛と言うのは男性ホルモンの影響をあまり受けない部分なので、髪の毛が多く残っているのが一般的なので、たくさん生えている後頭部の髪の毛を少なくなった部分に移植するのが植毛技術です。植毛は手術なので、医療現場で行われるので、施設などが整っている必要があり、さらに外科医によって手術がされるので、料金も高額になります。最新の植毛技術としては、コンピューターシステムとロボットを組み合わせたものがあり、毛包を植える部分をデザインするので、髪の毛が不規則に生えることなどがなくなり、さらにスピードディーなので、移植する毛包が新鮮なまま頭皮に植えつけられるので、定着率が従来の手作業よりも格段によくなっています。亀頭増大のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です