メスを使わない植毛技術について

最新の植毛技術はメスを使わないで髪の毛の毛根にある毛包という組織ごと取り出して、気になる部分に植えつける方法が採用されていて、それは自毛植毛技術とよばれています。現在では改良されていて、早くて正確な手術が実現されています。この技術は世界的にも広まっているものなので、カウンセリングなどで徹底的な説明を行って、本当に必要な患者に対して行われます。今までの植毛方法は1本ずつ手で移植をしていたので長時間の手術を行うことで、採取しておいたドナーが劣化してしまって、定着率が低下することがありましたが、最新技術では素早く行うことができるので、定着率がかなり高くなっています。

自毛植毛も手術なので、医療設備や医療スタッフの体制がきちんと整えられている専門のクリニックで手術が行われ、費用は数十万円から数百万円となっています。しかしウィッグなどに比べると取れてしまう恐れがないので、安心して外出をしたり、人と接することができるのが大きなメリットとなっています。発毛治療は男性ホルモンの働きを抑える薬を処方することから、女性に対しては効果的な治療法がなかったのですが、更年期を過ぎた女性にも薄毛の症状があるので、これらを治療する一つの手段として植毛技術を使用することがありますが、女性の場合には薄毛といっても男性ほど広範囲に広がることが無いので、育毛剤を使用したり、小さなウィッグを装着するなどして対処することが多くなっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です